住宅街

建物における坪単価とは?

家の置物

注文住宅で失敗しないためには、念入りに資金計画を立てることが大切ですが、新築注文住宅を建てられる費用の目安となるのが坪単価です。坪単価は、ハウスメーカーや工務店を選ぶ際の比較項目にもなるので、注文住宅を計画するのであれば最低限の知識を身に着けておくことが大切です。

坪単価とは、1坪(約3.3平方メートル)あたりの建築費のことで、基本的には建物の建築費を延床面積で割ることで算出することができます。例えば、坪単価が50万円の住宅メーカーで延床面積が100坪の家を建てる場合、建築費として5,000万円かかることになります。

また、坪単価の平均についてですが、住宅金融支援機構がフラット35の利用者に対して行った調査から算出することが可能です。この調査によると、2019年度の新築注文住宅の建築費と面積の平均はそれぞれ3,454万円、125.8平米でした。この3,454万円と125.8平米を使って計算すると、全国での平均値は約90.6万円となります。ただし、首都圏での平均は99.4万円、近畿圏では93.6万円、東海圏では90.9万円、その他の地域では86.0万円となっており、地域によって大きな違いがあるので注意が必要です。

また、各住宅メーカーがホームページなどで公開している坪単価を見る際は、その算出方法に注目することが大切です。上記の通り、坪単価は建物の建築費を延床面積で割ることで算出できますが、住宅メーカーによって建物の建築費の考え方が異なります。例えば、電気やガスの屋外配管や照明器具、エアコンなどにかかる費用を建築費に含めている住宅メーカーもあれば、含めていないメーカーもありますし、稀に外構費用を建築費に含めている住宅メーカーも存在します。

加えて、延床面積ではなく施工面積を使っている住宅メーカーもあるので注意が必要です。施工面積とは、建物の各階の床面積を合計したものですが、施工面積は延床面積には含まれない玄関ポーチや吹き抜けといった部分も含まれます。基本的に、延床面積よりも施工面積のほうが大きくなるので、施工面積を使うことで坪単価は安くなります。

このように、住宅メーカーによって算出方法が異なるので、完全に同じ住宅であっても住宅メーカーによって坪単価が大きく異なることがあります。そのため、坪単価はあくまで新築注文住宅がどの程度の費用で建てられるのかの目安として捉えるようにしましょう。